YAMAHA EXUPキャンセルアダプター

YAMAHA WR250R等のマフラーを社外品に交換するとEXUPが使えません。
ワイヤーは外しても良いのですがEXUPモーターを取り外すとエンジンチェックランプが点灯してしまいます。
約400g程度なのですが出来れば取り外したいものです。
最近海外製でコンパクトなものがEXUPサーボキャンセラーとして販売されています。またオークション等でも自作のものが売られているようです。
私も独自の回路で製作し実車でテストをしてOKなので販売してみようかと思います。
回路的には簡単にリレーを使ったものと、ICを使ったものが考えられますが、軽量化と薄型化のためICを使った回路にしました。
サーボモーターを取り外したコネクターとの接続は写真のような感じになります。テーピングで水が浸入しないようにして結束バンドでとめておけば外からは見えないので、まあ良いかと言う感じです。

現在WR250Rに取り付けて長期テスト中で今のところ正常に動作しています。
他の車種についてはなかなかテストする機会がありませんがEXUPモーターが同じなので多分大丈夫ではと思っています。


EXUPの動きを色々テストしたところ、EXUPは空ぶかしでは殆ど動作しません。走行中で加速時にオープンになり減速や一定速度の時は閉じます。
エンジン回転数とはあまり関係有りません。
かなりの頻度でON-OFFを繰り返しています。
またエンジンが温まるまではオープンになりません。



左の写真はWR250Rへの取り付け例です。
コネクターの取り付けは方向があるので注意が必要です。
反対に取り付けてキーをONにするとアダプターが壊れてしまいます。

*** 心配事 ***
最近抵抗やダイオード1本でEXUPモーターをキャンセルしているものを見かけます。
ECU側の保護回路が働いて壊れずに済んでいると思いますが、ちょっと心配です。
実測 1.5V〜2,5V(回路上MAX5V)程度しか入力しない端子に12Vが入力されています。
しかも通常はモーターを動かすために±12Vが一瞬出力されるだけですが、電圧が保持できないために出力しっぱなしになっているのではないでしょうか? ECU側の回路が分からないので想像です、問題なければ良いのですが。


価格・購入方法はこちらからお願いします。

**ご注意**
最近まれに返信しても受信拒否される場合があります。
携帯電話でパソコンメールを拒否している場合や、特定のブロバイダー以外を拒否している場合などがあります。
その場合電話番号を記載して頂いても此方からは電話をする事はありません。メールでの対応のみとさせて頂きます。

販売終了しました。
長期在庫の部品が無くなり安く提供できなくなりました。